アニメコラム

アニメ「シュタインズ・ゲート」の岡部倫太郎ことオカリンがかっこいい!モテるその魅力に迫る

シュタインズ・ゲート

公式サイト:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト

アニメ「シュタインズ・ゲート」には魅力的なキャラがたくさん登場しますが、その中でも主人公の岡部倫太郎ことオカリンは厨二病全開の痛いキャラクターです。

でもオカリンは視聴者からの評価が高く、今でも絶大なる人気を誇っていますよね。私もオカリンがすんごく大好きです!

それにしてもオカリンは一見残念な主人公のはずなのに、なぜこんなにも人気があり、かっこいいと感じる人が多いのでしょうか?

ここではその謎を解消するべく、オカリンのかっこいい魅力を徹底分析してみました!

「シュタインズ・ゲート」の厨二病主人公・岡部倫太郎

オカリン

画像出典:TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト

  • 名前:岡部倫太郎(おかべ りんたろう)
  • あだ名:オカリン
  • 年齢:18歳
  • 誕生日:1991年12月14日
  • 血液型:A型
  • 身長:177cm
  • 体重:59kg

オカリンは厨二病(中二病)をこじらせた大学生で、自称「狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真」と公言している痛い男。

秋葉原の雑居ビルに「未来ガジェット研究所」というサークルを立ち上げ、日々ヘンテコな発明にいそしんでいます。

他人に対する態度は尊大で空気が読めないKY、ヘタレなところもあるオカリン。

主人公でありながら特に強いというわけでもなく、厨二病というところを除けば繊細な普通の大学生です。

でも、本来打たれ弱い普通の人間であるオカリンが運命に抗うために懸命に戦い続ける姿に、視聴者は惹きつけられてしまうんですよね。

そしてオカリンは、これらのダメなところをはるかに上回るカッコよさと魅力を持っている人物なんです。

「シュタインズ・ゲート」岡部倫太郎ことオカリンのかっこよすぎる5つの魅力!

「シュタインズ・ゲート」のオカリンは、誰もが認める厨二病。

私も最初見た時は「何こいつ」って思ってしまったほど、痛い人でした(笑)

おそらく、オカリンを見た多くの人がそう思うのではないでしょうか。

でも、シュタゲの無印からゼロまで全部観ると、オカリンの厨二病に対する評価が180度変わってしまう。

特にゼロのオカリンを見ると、「厨二病のオカリンに戻ってほしい!オカリンは厨二病じゃなきゃダメだ!」とまで思ってしまうのだから不思議です。

そう、オカリンは厨二病だからこそ素敵なんです!見終わった後には皆がそう思ってしまう、そんな魅力のある人物ですよね。

しかし、同じ人物の同じ言動なのに、最初の印象と最後の印象がここまで違うキャラクターも珍しい。

私も最初はオカリンの厨二病のおかげで物語にすらあまり入り込めない始末でしたが、物語のラストまで観たら「オカリンかっこいい!オカリンにはずっと厨二病でいてほしい!」とまで思ってしまったのですから。

視聴者にそう思わせる「シュタインズ・ゲート」は、ほんっと脚本が上手いですよね!

ここでは、そんなオカリンのかっこいい魅力を列挙していきたいと思います。

めっちゃネタバレありますので、視聴済みの方のみ読んでね!

1. 容姿はイケメンで声もかっこいい

オカリンの容姿はイケメンです。

無精ひげを生やしているので一見イケメンじゃないように見えますが、身なりを整えれば結構なイケメンなんですよね。元々は容姿が良いのです。

アニメでは中学生の頃のオカリンが出てきますが、あの頃のオカリンはまだ厨二病になる前で、正統派イケメンでしたよね。

まあ今の無精ひげ+白衣のオカリンでも、私には結構イケメンに見えますが。(隣にいつもダルがいるから余計に…)

ゼロのオカリンは白衣を脱いで黒服で、無精ひげは相変わらずでしたが落ち着いた感じだったし、イケメン度が増していましたよね。

しかも、宮野真守さんが演じているので、声が本当にかっこいい!イケボです。

あまりにもオカリンの役がピッタリでうますぎたので、私の中では宮野真守さん=オカリンになってしまったほど適役でした。

容姿がイケメンで声も素敵なところが、まずオカリンのかっこいい魅力の一つですね。

2. 頭が良い

オカリンは頭も良く、知能の高さも魅力の一つです。

紅莉栖やダルが抜きんでて頭がいいので目立たないのですが、その2人と話が通じているオカリンはやっぱり頭が良いですよね。

特に紅莉栖なんて天才なので比べるとアレですが、一般のレベルで考えたらオカリンは相当頭が良い方なんじゃないかと。

やっぱりヒーローたるもの、頭がおバカだとカッコよくは見えないので…!頭の良さもオカリンのかっこいい魅力の一つです。

3. 厨二病だけど仲間思いで良いやつ

オカリンは、めっちゃ仲間思いの良いやつです。

ラボメンの仲間を大切にしているし、何があっても守ろうとしますよね。オカリンはそこがかっこいい!

私は、第一話でまゆりにお金をあげてる時点ですでにいいやつだと思ってました(笑)

普段は厨二病で強気な発言を連発しているけど、本来の「いいやつ」な性分を隠し切れないところがあるよね、オカリンって。

仲間思いでいいやつだというところも、彼のかっこいい魅力の一つとなっています。

4. 実は良識人で優しい

オカリンは厨二病なので一見変な奴ですが、実は良識人で優しい人間です。

なんだかんだいって優しいんですよねーオカリンって。厨二病になったのも、そもそもはまゆりのためですし。

ゼロの時点では厨二病でもなくなっているので、普通の良識人になってましたよね。あれが本来のオカリンに近いのかなと。

いくらイケメンでも心の底から非常識なやつだったらカッコよくないので、この「実は良識人で優しい」ってのもオカリンの魅力の一つだと思います。

オカリンはふとした時の表情が優し気だったりするんですよね~そういうのも良い!

最初は厨二病設定のせいで気づかれにくいのですが、時折見せる素の姿は本当にいいやつで、物語の後半になればなるほど実はとても優しい青年だということがわかります。

そこが視聴者の心をわしづかみにするんでしょうね。

しかも、その優しさを普段は厨二病でごまかしながら発揮するという…!ダメだ素敵すぎる。

他人のことを思いやることのできる心優しい性格こそ、オカリンのかっこいい魅力です!

5. 大切な人を守るために命を賭けることができる

オカリンの最大のかっこいい魅力は、「大切な人を守るために命をかけることができる」というところでしょう。

幼なじみのまゆりを助けるため、大切な紅莉栖を助けるために、あそこまで何度もタイムリープを繰り返すことができるのですから、オカリンのすごさは本物です。

しかもまゆりに関しては、何度助けても死んでしまうのですから、それを見続けるという心の消耗は計り知れないですよね。

まゆりを助けようと奔走しているオカリンを見ると、自分よりも他の人を優先することができる人なんだなってわかります。

でも、私が一番オカリンがすごいと思ったのは、無印の最終回の紅莉栖を助けるシーンでした。

血のりがなくて、代わりに自分の血を使うシーン。

まさかオカリン自ら刺されるなんて。まさか自分で傷口に手を突っ込むなんて…!

あの時のオカリンの叫び声のシーンは鳥肌モノでしたね。息を飲んで観てしまいましたよ。宮野真守さんの演技もすごすぎた。

それにしても、こんなことができる人なんている!?

100歩譲って自分が刺されるまではできるとしよう。

でもその後、刺された傷に手を突っ込むことなんてできる?死ぬほどの激痛ですよ?!

いくら愛する人の命を守るためとはいえ、躊躇してしまう人の方がほとんどだと思います。それをオカリンは、ためらいもせずやってのけた。

こんな、こんなすごい男がいるでしょうか。

「僕は君を守る」なんて口先だけで言える男は、星の数ほどいるかもしれません。

でも、オカリンは命をかけてででも大切な人を守った。本当に守ったのです。

こんなことができるオカリンは、本当にすごくすごくカッコいい。

厨二病だって構いませんよ。こんなにすごいことができるオカリンは、まぎれもなくかっこいい真の男です…!

シュタゲ無印の最初から、時折優しさを発揮していたオカリンではありましたが、後半からラストにかけてのオカリンはすごすぎた。

この辺で、私はすっかりオカリンに落とされてしまいました。あんたカッコよすぎる…!

こんな人が現実にいたら確実に惚れますね!

ただし、オカリンが現実にいたらモテるのか?と考えると、このカッコよさを見抜くまでは大変かなと。

厨二病が表に出過ぎていてカッコよさを見抜けない可能性が高い(笑)

ゼロのオカリンならモテると思うんですよ。厨二病じゃないし。

あれならフツーにイケメン大学生だし、ちょっと影のある落ち着いた男なのでまあまあモテると思います。

ただ、無印の厨二病オカリンはモテないでしょうね…。オカリンの本当の姿を知ったら惚れるかもですが、本当の姿は深い付き合いにならないと見れないし。

オカリンはラボメン以外の女性には本当の姿を見せない、というか見せる機会がないので、現実では無印オカリンはモテないかなと。

私も「フゥーハハハハハ!!」とか「エル・プサイ・コングルゥ」とかワケわからんことを言い出す男が現れたら、「何こいつ」と身構えて怪しげな目で見てしまうと思います。

でも!でもですよ。もしそんな男があんなに命をかけて人を助けられる男だと知ったら、それは厨二病でもなんでも好きになってしまいますよ!

男はですね、中身なんです。ただ金持ちであればいいとか、ただイケメンであればいいとかじゃないんです。

いかに人のために行動できるか!ここで男の真価が問われると思う。

オカリンはその点、合格ラインですね。余裕で合格点です。というか満点です。

あれほどの行動ができるオカリンの本当の姿を女性たちが知ったら、無印のオカリンでもゼロのオカリンでも、どちらでも絶対にモテると思う!

自分を犠牲にしてでも大切な人を守り抜くことができたオカリンは、本当にカッコよかった。あれこそが男の中の男ですね…!厨二病だけど!

【まとめ】「シュタインズ・ゲート」のオカリンは意外とハイスペック!モテるのも当たり前?

こうやってオカリンのカッコよさを振り返ってみたら、かなりハイスペックだったことに驚きました。

顔良し、声良し、頭良し、性格良しと何拍子も揃っているじゃありませんか。

厨二病と身なりが適当なので評価が落ちている感じですが、そこもオカリンを深く知った後なら愛すべきチャームポイントに見えますしね(笑)

でも何よりも重要なのは、オカリンが「大切な人を守るために命をかけることができる男」だということ。

そんな、人間として一番大事なカッコよさを持つ男だからこそ、私たちはオカリンに心惹かれてしまうのだと思います。

まあ「シュタインズ・ゲート」の世界では身近な女性たちから結構モテモテですが、それもこれもこのオカリンの本当の魅力を女性陣が知っているからでしょうね。

視聴者としては、オカリンが最初「厨二病が痛すぎる」からの後半の怒涛の戦うオカリンを見たからこその、ギャップがあったのも大きかったと思います。

「何こいつ」からの「こいつすごい!」という評価の落差が、オカリンに対する人気につながっているのかもしれません。

最初ダメに見えたやつがスゴイことをしたら、とてつもなくカッコよく見えるという現象「ギャップ」です(笑)でもそれ抜きにしてもオカリンは本当にかっこいいんですけどね!

自分のことしか考えられない現代人も多い中、オカリンみたいに本当の意味で他人を思いやることのできる人はとても魅力的に映ります。

オカリンが女性だけでなく男性からの評価も高いのは、こういった内面的なカッコよさがあるからじゃないかと!

そのオカリンのカッコよさの本領は全て、オカリンが厨二病の時にこそ最も強く発揮される(厨二病じゃないオカリンだと完全に発揮されない)というのも面白い設定ですよね。

厨二病であるからこそカッコいい、それこそが岡部倫太郎という人間なのです。

私はこれから何度シュタゲを観たとしても、きっとまたオカリンのカッコよさに震えるでしょう。はー、ほんとオカリン大好きだ…!エル・プサイ・コングルゥ。