HOME > 国際シンポジウム > セッション3 IOHHでつくるME-BYOヘルスケア

セッション3 IOHHでつくるME-BYOヘルスケア

未病の見える化や未病改善に繋がるIoTやAIを活用した商品・サービスの開発促進に向け、情報をビックデータとして利用する仕組みを構築することについて議論する。※IOHH(インターネットオブヒューマンヘルス)

○メインターゲット:企業、国、自治体
○サブターゲット:個人、アカデミア

◆モデレーター◆
辻野 晃一郎
・アレックス株式会社代表取締役社長
◆パネリスト◆
山本 雄士
・株式会社ミナケア代表取締役
渋谷 闘志彦
・総務省情報流通行政局情報流通高度化推進室長
久野 譜也
・筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻教授
・株式会社つくばウエルネスリサーチ代表取締役社長
遠藤 謙
株式会社Xiborg代表取締役社長
・ソニーコンピューターサイエンス研究所株式会社アソシエイトリサーチャー
水野 敬
・国立研究開発法人理化学研究所・健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム
健康計測解析チーム/新規計測開発チームチームリーダー
Mayoran Rajendra(マヨラン ラジェーンドラ)
・ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インクソリューションアーキテクト