アニメコラム

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という神アニメを観た感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
画像出典:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という神アニメがあると聞き、ずっと気になっていました。

ただ、Netflixに入らないと観れないため、今まで観ていなかったんですよね。

最近になってNetflixに加入してみたので、ようやく「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を視聴することができました。

ここでは、アニメ好きな私が「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を視聴した感想を書いていますので、よかったらぜひ読んでください。ただ、多少辛口なところもあります。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は神アニメ?過大評価?

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
画像出典:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

知人に「ヴァイオレット・エヴァーガーデンを見るためにNetflixに入ってもいいくらい面白いよ!」と言われて、ずっと気になっていた私。

実はまだ最後の劇場版を観ていないのですが(Netflixにないため)、先が気になって調べてしまったので、だいたいラストもわかっています。

テレビアニメ、スペシャル、映画をほとんど見て私が感じたことは、「期待しすぎてしまった」ということ。

そう、私は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観るにあたって、期待しすぎてしまったのです。

SNSでも「泣ける!」「神アニメ!」とか言われて、知人にも「ヴァイオレット・エヴァーガーデンを観るためにNetflixに入ってもいいくらいの価値がある面白さ」なんて言われて…期待値が上がらない人います?

そう、私は自分の中で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の期待値を極限まで上げてしまったのです。

そんな私が「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観たら、「期待し過ぎたかも…」という感想になるのはしょうがないと思うんですよね。

だからこれは、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が悪いというわけではないです。

私は自分が大好きな作品ですら、期待値を上げすぎて久々に見ると「あれ?もっと面白かったような気がするけど…こんな程度だったっけ?」という感想になるんですよ(汗)

つまり、どんなに面白い作品であろうが、「期待値を上げすぎると作品をそこまで面白いとは思えない」んですよね。

全ては私が作品に対する期待値を上げすぎてしまったのが原因だと思います。

だから、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が面白くないとかいうわけじゃないんですよ。

実際私も「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観て、かなりボロボロ泣きましたし。

それに、感動的なお話が多いので、心が揺さぶられることもいっぱいありました。

だから、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は良質なアニメだと思います。

ただ、私が好きなタイプの作品が、ハリウッド映画みたいなわかりやすい勧善懲悪な物語だったりするので、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はちょっと自分の好みとは違うかなと。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は静かな日本映画みたいな作品(もしくは綺麗なフランス映画みたいな感じ)なので、そういうのが好きな人にはピッタリだと思います。

観る人によっては心を揺さぶられる神アニメだろうし、観る人によっては「そこまでじゃないんじゃないか…」と思う可能性のあるアニメだというように感じました。

つまり、観る人によって評価が分かれるアニメかなと思ったのです。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の設定には多少無理がある?

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
画像出典:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

もちろん私も、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は嫌いじゃありませんし、素敵なアニメだとは思いました。

ただ、どうしてもツッコミを入れたい箇所がいくつかありましたね。

それは、ヴァイオレットが殺人マシーンだったのに、ただ自動手記人形をやっているだけで人の感情を理解できていく点です。

殺人マシーンだった少女が、セラピーも受けずに仕事をするだけで人の感情を理解できるようになるのかな?と思って観ていました。

そもそもあんなに人を殺しまくっていたら、人の感情を知っていったら逆に心が壊れてしまうのでは?と思ってしまったんですよね。

だって、ヴァイオレットは14歳ですよ。

14歳以前に人殺しをいっぱいしていたら、人の命をなんとも思わない人間になるか、人殺しが辛くて耐えられなくなるかのどちらかですよね。

だから殺人マシーンだったという設定がまず無理があるような気がして、ヴァイオレットの心は大丈夫なのか?みたいな気持ちでずっと観ていました。

そしてヴァイオレットだけがなぜ戦士のように育てられたのか、強化人間でもないのになぜあんなに強くなったのか、などいろいろ気になってしまいました。

まあこの辺は「アニメだからしょうがないか」で片づけるしかありませんね…(苦笑)

あと、ギルベルト少佐は生きていて、最後はハッピーエンドになることを私はもうすでに知っています。

「ギルベルト少佐」で調べたら、「生きてる、結婚」で出てきたので…ネットで盛大なネタバレをくらいました。視聴途中でキャラについて調べるもんじゃありませんね。。

まあいいやと思い、まだ劇場版を観ていないのにギルベルト少佐とヴァイオレットが結婚するらしいということを知った私。

これについては賛否両論あるみたいですね…ヴァイオレットが14歳ですからね。。

今は年齢差結婚は珍しくありませんが、ヴァイオレットがギルベルト少佐と出会ったのは10歳の時ですから、その時から恋愛対象として見ていたのか?!みたいに勘繰られるのも仕方ありません。

幼い少女を恋愛対象に観るのが嫌いな人は、ここら辺が受け入れられないように思います。

大人になったヴァイオレットとギルベルト少佐の恋愛ならOKですが、10歳の時に出会ったヴァイオレットが恋愛対象だったとしたら、「…いつから好きなの?」みたいに視聴者が思ってしまうのも無理はありませんよね。

ただ私個人の感想としては、ギルベルト少佐が生きていて、ヴァイオレットと共に生きる決断をしてくれて良かったと思うんですよね。

だって、ヴァイオレットにはギルベルト少佐しかいないのに、そのギルベルト少佐が死んだ状態のままだったとしたら…やっぱり可哀想です。

なのでギルベルト少佐生存ルートはやっぱりほしかったし(私はてっきり死んでると思ったので生きてると知って嬉しかった)、ギルベルト少佐が生きているならヴァイオレットと結婚する以外あるでしょうか?

お互いにこんなに大切に想いあっている二人以外に、誰と結婚するの?みたいな気持ちになってしまいます。

ずっと一緒にいるなら、もう結婚しかありませんよね。

だから私は、ヴァイオレットとギルベルト少佐が結婚するのはアリだと思う派です。

何度も言いますが、まだ劇場版を観ていないので、観たらどう思うかわかりませんけど…。

ギルベルト少佐は最初からヴァイオレットのことを恋愛対象に見ていたとは思わないんですよね。

最初は庇護してあげたいと思った、くらいじゃないでしょうか。

一緒にいるうちに、段々好きになっていった…という感じじゃないですかね?

それはよくあることだと思うし、ヴァイオレットも少しずつ女性として成長していっているのだから、途中から女性としての愛に変わっていったんじゃないでしょうか。

血のつながっていない他人なのだし、異性ならいつ好きになるかはわかりませんよね。

少女だから好きになった、というわけではなく、守っているうちに女性として好きになった、という感じなのかなと。

ヴァイオレットはめっちゃ綺麗な子ですし。自分を慕いまくってくれていますし。

あくまでも私の視点ではありますが、ヴァイオレットとギルベルト少佐は結婚してもいいというか、むしろ結ばれることで二人は幸せになれるのかなと思いました。

ヴァイオレットはギルベルト少佐のことをあんなに大切に想っているのだから、共に生きて幸せになってほしいです。

ただやっぱり、出会った時は10歳でした、というのが問題なのかもしれないので、ヴァイオレットはもう少し年齢設定が上だったら良かったなと思いました。

というか14歳であんなに大人びた子ってなかなかいないと思うし、18歳くらいの設定でも良かったのでは…?と観ながら思ってしまいましたね。

ここら辺が受け入れられない人にとっては、ギルベルト少佐が死んだままの設定の方が好まれたのかなと…。

私はハッピーエンドが大好きな人間なので、ギルベルト少佐が生きていて、ヴァイオレットと幸せに生きるエンドはとってもうれしいです。

こんな風に、視聴後にもずっと考えされられるということは、やはり人を惹きつけるだけのアニメなのかなと思いました。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は静かで良質なアニメだと思う

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
画像出典:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は私が期待し過ぎていたことと、私好みのハリウッド映画的な感じではなく綺麗な日本映画的なアニメだったことなどで、手放しで絶賛することまではできませんでした。

ただ、とても良質で素敵なアニメだなとは思いました。

こういった静かな良質なアニメが好きな人には、とてもハマると思いますし、心が洗われるような気持ちになる人もいると思います。

むしろ普段はアニメをあまり観ていない人ほど、気に入るような気もしますね。

絵柄はとにかく綺麗で、今まで観てきたアニメの中でもピカイチだったと思います。

そして、出てくる人がほとんど美男美女で(笑)

特にベネディクトさんがイケメンで、目の保養でした。

しかし、どんなに素敵なアニメだとしても「神アニメ」「観なきゃ損」「これを見るためにNetflixに入るべき」とか煽ったり、期待し過ぎるのは良くないですね。

むしろ期待値は低くしておいた方が、意外と素直に「良かった!」と思えるものですから。

まあ私も「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」でいっぱい泣きましたし、ヴァイオレットとギルベルト少佐が共に生きることを祝福してしまうくらいにはハマったので、なんだかんだいってやっぱり「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は素敵なアニメなんだと思います。

…劇場版、レンタルショップに借りに行こうかな。